利用するなら理解が必要!工務店がどのような業者なのか分かりやすくご紹介

このサイトでは注文住宅の依頼先の一つとして選ばれている工務店とはどのような業者なのかを解説しています。
家を建てる際に依頼先がよく分からないと、誰でも不安に思いためらってしまいます。
理解しないまま依頼したらイメージしていた感じと違った、逆に知っていたらこちらに依頼したのにと施工後の後悔の原因につながりかねません。
どういった会社なのか、依頼するメリット、ハウスメーカーとの違いなどを知りたい方は必見です。

利用するなら理解が必要!工務店がどのような業者なのか分かりやすくご紹介

工務店は狭いエリアを営業活動の対象とする、地域密着型の中小企業です。
その地域の土地勘に詳しかったり、その土地の風土に適した家づくりを得意とします。
ハウスメーカーは全国で一定の品質を保つ必要があるためあらかじめプランなどが用意されていますが、工務店は自社で設計や施工を請け負うためその必要がなく設計の自由度が高いとされています。
自分らしいオーダーメイドに近い家づくりを行いたい方に向いているでしょう。
家の近くで営業していて、いつでも相談できる駆けつけてもらえるといった安心感のある工務店は、街のかかりつけ医のような業者です。

工務店とハウスメーカ-が根本的に異なる点

工務店とハウスメーカ-は、事業規模が全く違いますので提供しているサービスから根本的に違うという背景が存在します。
そもそも、工務店は小規模経営が通常であるため全国的に同じようなサービスを提供しているというわけではありません。
あくまでも、その店舗でサービスを提供していますので個体差が非常に大きく、それぞれの店舗で独自色が強いという大きな特徴が存在します。
一方で、ハウスメーカ-は大手のブランド力を武器にして多数の店舗を展開しているという特徴があります。
この影響から、一律に質の高いサービスを提供することに力を入れており、実際にサービスをシステム化することによって効率的に顧客を確保するための準備を整えています。
また、この中には小規模経営を行っている工務店を下請けとして利用しているところも存在します。
目的や立ち位置が全く異なっており、しかも工務店は地域密着型も多いのでその地域に強いサービスを提供できる魅力があります。

工務店の主なメリットは小回りが利くこと

家を建築するときには、工務店に知り合いなどがいれば、そこにお願いをすることになるかもしれません。
工務店に関しては基本的にハウスメーカーの異なる特徴が多くあります。
具体的な違いの1つは、工務店は小回りが利くことでしょう。
これが最大のメリットと言っても良いかもしれません。
小回りが利くとは、例えばちょっとした用事で電話をした場合すぐに対応してくれる可能性があることです。
なぜそのような対応の仕方ができるかと言えば、大抵の場合地元密着型だからと言えるかもしれません。
地元密着型の場合には、これから住宅を建築しようとしている場所の近くに店舗があるため、すぐに駆けつけることができるわけです。
また、地元密着型の特徴として、スタッフがずっと転勤をせずに送料が高いこともあるわけです。
そうすると、住宅の建築に携わったスタッフが、10年後もまだいる可能性もあり長い間お世話になる可能性もあるでしょう。
このようなメリットがあるため、住宅建築の場合は工務店を選ぶのが良いです。

工務店のデメリットも把握したうえで依頼

工務店に新築工事を依頼するデメリットはいくつかあります。
まずハウスメーカーと比較して、品質にバラつきが出やすいことです。
全国展開しているハウスメーカーは品質を一定にするために、さまざまな努力をしています。
材料やパーツを工場で加工することで、品質の安定を図るなどです。
工務店の場合は、木材を工場で加工することはしますが、それ以上の品質安定化はできません。
そのため担当する職人さんごとに出来上がりが異なります。
次に倒産のリスクがあること、つまり継続的なメンテナンスが受けられなくなる恐れがあることです。
ハウスメーカーと比べて経営規模が小さいですから、不景気の影響を受けやすいのです。
その工務店が住宅完成保証制度に入っているかを確認するのも大切ですが、メンテナンスが難しくなることは避けられません。
上記2つのデメリットを把握したうえで、工務店を探すのが賢明です。
短所を上回るほどの魅力を持ったところを見つけるまで根気強く続けるのが秘訣です。

工務店への発注前に確保すべき予算

工務店に注文住宅を依頼する際は、関連費用をすべて住宅ローンの返済額の中に含めることはできません。
発注前の契約時に確保しておかなければならない予算がいくつかあるのです。
工務店と交わす契約書には、印紙を貼る必要があります。
3000万円の注文住宅では印紙代が1万円程度ですが、これはカード払いができないので現金を用意しておくようにしましょう。
また家づくりをするための土地を仲介会社から購入した場合は、仲介手数料が発生します。
この仲介手数料は、工務店が提示する見積書には記載されていないことが多いので注意しましょう。
そして購入した土地は、事前に登記をしておく必要があります。
しかも登記にもコストがかかるのです。
登記費用は、物件価格の約2パーセントが相場となっています。
固定資産税に関しては、入居日の翌年から納付義務が生じるので、発注前に確保しておく必要はありません。
工務店以外に支払う印紙や手数料などの予算をトータルで把握したうえで、注文住宅の発注に進むことが大事なのです。

工務店に関する情報サイト
工務店ってどんな業者?

このサイトでは注文住宅の依頼先の一つとして選ばれている工務店とはどのような業者なのかを解説しています。家を建てる際に依頼先がよく分からないと、誰でも不安に思いためらってしまいます。理解しないまま依頼したらイメージしていた感じと違った、逆に知っていたらこちらに依頼したのにと施工後の後悔の原因につながりかねません。どういった会社なのか、依頼するメリット、ハウスメーカーとの違いなどを知りたい方は必見です。

Search